忙しい毎日に食事で活力を!スマートスナッキングのすすめ

忙しい毎日に食事で活力を!スマートスナッキングのすすめ

  • 月曜日が苦手、朝すっきり目覚めたい
  • 月曜日が苦手、朝すっきり目覚めたい

主食、主菜、副菜を揃えて栄養不足を解消 主食、主菜、副菜を揃えて栄養不足を解消

私たちの体は、昼間を活動的に過ごし、夜は睡眠をとって休息するという一定のリズムを刻んでいます。
しかし、夜遅くまでの残業や、寝る前のスマホやゲーム、育児といった理由から夜型生活になっている方も少なくありません。
朝型になる方法はいたってシンプル。朝日をしっかりと浴びて、朝食をとること。

朝食はお腹を刺激し、目覚めさせ日中の活動を高めてくれます。なかなか食が進まないときでも、まずは何かひと口食べてみましょう。

まとめ

まずは、朝ごはん。1日の食事時間を組み立てましょう。

スマートスナッキングをうまく取り入れるポイントは、朝ごはんを食べること。
朝食の時間を固定すると、そのあとの食事時間が組み立てやすくなります。
朝食から夕食の時間をなるべく12時間以内におさめるのもポイントです。
スマートスナッキングのタイミングは、朝食と昼食の間と、昼食と夕食の間。
残業や夜の会合などで夕食が遅くなる場合は、夕方に軽めの食事をとりましょう。
そうすると昼食と夕食の時間が長くなるのを防げるので、
遅い時間に食べ過ぎてしまうのを抑えられます。
帰宅後も夕飯に手間がかからないので入浴やリフレッシュに時間が使えます。
心と体のメンテナンスをして翌日に備えましょう!
例えばこんなメニューがおすすめ
  • ポイントは時間を決めること!残業がある日は夕方の間食で時間厳守
  • 最初は牛乳やヨーグルト、食パンなら1/2枚程度でOK
  • スマートスナッキング!会社の自分の席でバニラヨーグルト
  • 定食型のメニューを選ぶとバランスよく必要な栄養素をとることができます。
  • コンビニで買ったおにぎりとおでん
  • 夜遅くは脂肪を溜め込む働きのあるBMAL1(ビーマルワン)という時計遺伝子が増えるそうです
  • まずは、朝ごはん。1日の食事時間を組み立てましょう。

スマートスナッキングをうまく取り入れるポイントは、朝ごはんを食べること。 朝食の時間を固定すると、そのあとの食事時間が組み立てやすくなります。 朝食から夕食の時間をなるべく12時間以内におさめるのもポイントです。 スマートスナッキングのタイミングは、朝食と昼食の間と、昼食と夕食の間。 残業や夜の会合などで夕食が遅くなる場合は、夕方に軽めの食事をとりましょう。 そうすると昼食と夕食の時間が長くなるのを防げるので、 遅い時間に食べ過ぎてしまうのを抑えられます。 帰宅後も夕飯に手間がかからないので入浴やリフレッシュに時間が使えます。 心と体のメンテナンスをして翌日に備えましょう!